Media

メディア取材や自社媒体のお知らせ

リンネノート

日本が誇る「もったいない」の心と職人文化、そして環境意識を持った、古いのに新しい生活スタイルを探っていこう!とはじまったRINNE PROJECT 。
同じ志を持つお友達、つながりのある人たちを紹介したくてはじまったノートです。
代表の小島とあらやん (新野文健)が、彼らと会って話した軌跡を不定期にまとめています。

リンネノート

マガジンハウスが発行する「ローカル」をテーマとした人気WEBマガジン『コロカル』に取材を頂きました。

 

▶︎コロカル 2019.10.2

ポートランドのDIY精神に刺激を受けものづくりの喜びを分かち合う、〈RINNE〉プロジェクト始動

コロカル リンネプロジェクト

「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとした、未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』に取材いただきました。

▶︎ソトコト 6月号、2020

『Rinne.bar』で命を吹き返す、クリエイティブ・リユースというおもしろさ。

ソトコト リンネバー

サステナブル・ビジネス・マガジン『オルタナ』に取材いただきました。

▶︎オルタナ 11月号、2020

世界のソーシャルビジネス、日本 『Rinne.bar』

オルタナ ものづくり バー

NHKのSDGs キャンペーン「未来へ 17 action」TV
取材いただきました。


▶︎「捨てるものを宝物に」編
放送局:BS1(初回のみ)
放送日時:3月31日(水) 2:10〜2:20(深夜)

※初回放送はBS1, 再放送はNHK総合での放送になります
※以後、2年間にわたり不定期の再放送がございます

未来へ17アクションNHK
News Paper

共同通信社に取材いただきました。記事は全国の地方新聞新聞中面の生活・暮らし欄に掲載されています。


▶︎「アップサイクル」特集
山梨日日新聞
愛媛新聞
山陽新聞
下野新聞
高知新聞
長崎新聞
河北新聞

全国くらし欄「新たな価値へアップサイクル 」
News Paper

中古・リユースビジネスの専門紙「リサイクル通信」に取材いただきました。


▶︎2021年6月10日 No.513号

リサイクル通信 アップサイクルx バー
Online TV

アミューズ所属の人気若手俳優さん達がいらっしゃいました。いま必要な世界の学びを通して〝真のハンサム”を目指すというハンサムゼミという番組で、私たちが提供するアップサイクル体験が今回のテーマとなりました。


▶︎2021年8月9日(月) 配信 
ハンサムゼミ #7.5
チーム・ハンサム!の藤原大祐、細田佳央太の2人がアップサイクルに挑戦!

ハンサムゼミ スピンオフ「アップサイクル 」
Online TV

アミューズ所属の人気若手俳優さん達がいらっしゃいました。いま必要な世界の学びを通して〝真のハンサム”を目指すというハンサムゼミという番組で、私たちが提供するドリンク提供(ノンアルコールカクテル)「モクテル」が今回のテーマとなりました。


▶︎2021年8月30日 (月) 配信 
ハンサムゼミ #8.5
チーム・ハンサム!の富田健太郎、新原泰佑、松岡広大の3人は、モクテル作りに挑戦!

ハンサムゼミ スピンオフ「モクテル」

コアキナイビル、シェアハウスのみなさんが貸し切りで遊びにきてくれました。楽しげな雰囲気が伝わってくる動画をカサハラショウゴさんが作って送ってくれました。ありがとうございます!



▶︎2021年8月30日 (月) 配信 

メンバーと一緒に、新御徒町駅すぐのところにある「リンネバー」にいきました。 ここはあまった木材や古布などを活用して新しい物を手作りできる体験が得られる場所。 楽しい時間を過ごせたのでおすすめです。

リンネバーに行ってきたよ

米国にあるクリエイティブリユースネットワーク SCRAP 
​ナショナルリユースデーの10月20日にアーティストとしてチームメンバーでインタビューを受けました。(英語)



▶︎2021年10月21日 配信 

RINNEBAR

Located in Tokyo, Japan, RinneBar is the upcycle and creative reuse DIY bar from the team at Rinne Earth. They hope to foster a sense of creative confidence and provide project ideas and materials, so you can relax and unwind while crafting and creating.
 

RINNEPDX

RinnePDX is the cultural brand and sustainable project from Midori Yamanaka - a team member of Rinne Earth and RinneBar. RinnePDX works to bridge cultural understandings and build networks in creative reuse and sustainable living.

CR_Artist_Interview_Header.png

50年以上の歴史がある女性カルチャー誌 「an・an」取材でタレントの加藤ジーナさんが Rinnebar のものづくりにいらっしゃいました。



▶︎2022年 3/30号 発売 

SDGsを考える、
エシカルライフ2022
今、私たちにできること。

スクリーンショット 2022-04-26 14.43.32.png

市民(団体)・事業者・行政が協力しながら開催する武蔵野市最大の環境イベント「むさしの環境フェスタ」。 
そのイベントにて、ワークショップを行うとともに代表の小島がゲストトーク、後半はワークショップの状況が中継されます。



▶︎#3 エコの実放送局

00:21:11 ゲストトーク

01:19:55 ワークショップ中継
 

スクリーンショット 2022-04-27 12.11.02.png